ペイト(P.E.I.T.)

P.E.I.T (Percutaneous Ethanol Injection Therapy)とは、アルコールの一種であるエタノールを注入することによって腫瘍を壊死させる治療方法です。腫瘍に直接注入して壊死させる作用と、血管に注射して腫瘍に送られている養分を抑えるという、2つの作用があります。
当初は肝臓の腫瘍に対する治療法として始められたものですが、最近では、甲状腺の腫瘍(結節性甲状腺腫、のう胞など)や二次性(腎性)副甲状腺機能亢進症といった病気の治療にも広がってきています。

治療方法について

超音波(エコー)下穿刺吸引細胞診と同様に、超音波による画像を見ながら病気の原因となる部位に針を刺し、エタノールを注入してその部位の細胞を破壊します。
以前は手術しか治療法がなかった病気であっても、ペイトを何回か繰り返すことにより、腫瘍の縮小化やホルモンの正常化が期待できる可能性があります。手術療法に比べてその効果の確実性は低いものですが、切らずにすみ、また、入院もほとんどの場合必要とせず、外来診療で治療を行うことができます。ただし病気の程度により、この治療法の適応や具体的な内容が異なりますので、主治医にご相談ください。

治療時のお願い

  • エタノールが腫瘍の外にもれると、激しい痛みなど周囲の組織に影響を与える場合がありますので、治療中は嚥下運動(つばを飲み込むこと)をお止めください。
  • エタノールの注入による刺激で、穿刺部位や同側の下顎、耳周囲に5~10分間ほど痛みをともなうことがあります。また、まれですが、エタノールが甲状腺のそばを通っている反回神経(声帯を動かす神経)に浸みることで、一次的な嗄声を起こしたり、血流が多い腫瘍だと出血することがあります。しかしこの症状は回復しますし、全身におよぶような影響はありませんのでご安心ください。治療後数日は治療部位の周辺が少し腫れることがあります。この多くは治療に伴うものでありその部位を冷やすことによって改善します。
甲状腺疾患の治療
  • 甲状腺疾患の薬
    • 薬について
    • よくあるご質問
  • ペイト(P.E.I.T)
  • アイソトープ
  • リニアック
  • 手術
  • アブレーション
  • タイロゲン
  • DPCデータによる病院情報の公表
  • 外来診療担当予定表
  • 交通案内

ページの先頭へ