検査のご案内

病理検査

病理検査室では、検査で採取された細胞や手術で切除された臓器などを顕微鏡で診断するための標本作製を行っています。完成した標本は病理医により診断されます。
なお当院では、年間約7195件(2014年現在)の細胞診検査と年間約1930件(2014年現在)の組織診検査を扱っています。

検査方法について

■細胞診

甲状腺の腫瘍から細胞を採取し、その細胞を顕微鏡で調べ、推定診断(良性か悪性か)を行います。

■組織診

手術で切除された臓器は、そのままでは顕微鏡で調べることが困難であるため、3ミクロン程度に薄く切り組織標本を作製します。この組織標本から診断し、治療方針の決定・治療効果の判定などを行います。

外来・検査・入院のご案内
  • 外来受診に関するご案内
    • 受付時間・診療日のご案内
    • 初診のご案内
    • 再診のご案内
    • 栄養指導のご案内
  • 検査のご案内
    • 血液検査
    • 超音波検査(エコー)
    • 生理機能検査
    • エコー下穿刺吸引細胞診
    • 病理検査
    • CT検査
    • X線検査
    • 骨密度検査
    • アイソトープ検査
  • 入院に関するご案内
    • お申込みと手続き方法
    • 入院費用とお支払い
    • 入院生活の流れ
    • 入院中の食事
    • 季節の献立
    • 入院設備とご案内
    • お見舞い・付き添い
    • 入院中のお願い・注意事項
    • 退院について
    • DPC/PDPSについて
    • 高額療養費制度について
  • おもな証明書料金のご案内
  • 診療情報開示について
  • DPCデータによる病院情報の公表
  • 外来診療担当予定表
  • 交通案内

ページの先頭へ