検査のご案内

X線検査

一般撮影とはいわゆるレントゲン撮影のことです。X線を使って、胸部や腹部、骨、軟部組織を撮影し、その状態を観察します。

検査方法について

当院ではCR(コンピューテッド・ラジオグラフィー )装置を導入しています。
CRでは従来のIP(イメージングプレート)と新しく導入したFPD(フラットパネルディテクタ)を撮影部位により使い分けています。(図1)
FPDはIPと比べ短時間で画像データをデジタル画像として表示します。このため待ち時間の短縮につながっています。また、このシステムにより撮影画像がデジタルのため、撮影後に画像の濃度やコントラストを自在に変化させることが可能です。さらに保存、伝達も容易になります。デジタル化された撮影画像は、院内のどこの電子カルテ上でも撮影後すぐに観察することが可能です。
FPDは、フィルムより放射線に対する感度が高いため、撮影時のX線被ばくを低減することができます。

図1:FPD搭載X線撮影装置

検査時のお願い

  • 妊娠中または妊娠の疑いがある方は事前にお知らせください。
  • 撮影部位に金属やプラスチック製品、厚手の衣服などがあると、それが写り込む場合があります。診断の妨げになる可能性がありますので、必要に応じてこちらで用意している検査着に着替えていただきます。
外来・検査・入院のご案内
  • 外来受診に関するご案内
    • 受付時間・診療日のご案内
    • 初診のご案内
    • 再診のご案内
    • 栄養指導のご案内
  • 検査のご案内
    • 血液検査
    • 超音波検査(エコー)
    • 生理機能検査
    • エコー下穿刺吸引細胞診
    • 病理検査
    • CT検査
    • X線検査
    • 骨密度検査
    • アイソトープ検査
  • 入院に関するご案内
    • お申込みと手続き方法
    • 入院費用とお支払い
    • 入院生活の流れ
    • 入院中の食事
    • 季節の献立
    • 入院設備とご案内
    • お見舞い・付き添い
    • 入院中のお願い・注意事項
    • 退院について
    • DPC/PDPSについて
    • 高額療養費制度について
  • おもな証明書料金のご案内
  • 診療情報開示について
  • DPCデータによる病院情報の公表
  • 外来診療担当予定表
  • 交通案内

ページの先頭へ