検査のご案内

骨密度検査

骨密度検査は骨粗しょう症の診断目的で行います。
骨粗しょう症とは、骨の内部の密度(骨量)が減少してもろくなり、骨折しやすくなった状態、あるいはすでに骨折を起こしている状態をいいます。骨量の減少は「骨を壊す(骨吸収)」と「骨を作る(骨形成)」作用のバランスが崩れることが原因となって起こります。
甲状腺疾患と骨粗しょう症の関係ですが、バセドウ病など甲状腺機能亢進症によって甲状腺ホルモンの高い状態が続くと、その甲状腺ホルモンの働きにより骨吸収が進み、骨粗しょう症をきたしやすいといわれています。また副甲状腺機能亢進症でも骨粗しょう症になります。副甲状腺から分泌されるホルモンは血液中のカルシウム濃度を一定にする役割があります。このホルモンが過剰に分泌されることにより血液中のカルシウム濃度が濃くなりその分、骨の密度が薄くなり骨粗しょう症をきたしやすいと言われています。
また閉経後の女性で骨粗しょう症が多いのは、女性ホルモンの減少により骨吸収が進むことが原因といわれています。

検査方法について

DXA法

骨の面積あたりの密度を弱いX線で量る検査方法です。
DXA法により腰椎、両大腿骨、前腕の骨密度を測定します。
検査時間はお着替えを含めて15分程度で終わります。検査中はベッドに寝て体をなるべく大きく動かさないようにしていただきます。呼吸は普段通りで大丈夫です。
検査結果はプリントにし患者様用として渡しています。今回の結果、また前回の骨密度との比較が容易にわかるようになっています。

写真1:骨密度測定装置

検査時のお願い

  • 妊娠中または妊娠の疑いがある方は事前にお知らせください。
  • 撮影部位に金属やプラスチック製品、厚手の衣服などがあると、それが写り込む場合があります。診断の妨げになる可能性がありますので、必要に応じてこちらで用意している検査着に着替えていただきます。
    また前腕にある装飾品は外していただきます。
外来・検査・入院のご案内
  • 外来受診に関するご案内
    • 受付時間・診療日のご案内
    • 初診のご案内
    • 再診のご案内
    • 栄養指導のご案内
  • 検査のご案内
    • 血液検査
    • 超音波検査(エコー)
    • 生理機能検査
    • エコー下穿刺吸引細胞診
    • 病理検査
    • CT検査
    • X線検査
    • 骨密度検査
    • アイソトープ検査
  • 入院に関するご案内
    • お申込みと手続き方法
    • 入院費用とお支払い
    • 入院生活の流れ
    • 入院中の食事
    • 季節の献立
    • 入院設備とご案内
    • お見舞い・付き添い
    • 入院中のお願い・注意事項
    • 退院について
    • DPC/PDPSについて
    • 高額療養費制度について
  • おもな証明書料金のご案内
  • 診療情報開示について
  • DPCデータによる病院情報の公表
  • 外来診療担当予定表
  • 交通案内

ページの先頭へ